ひそやかに

ブログ引っ越そうかと思います。

新住所
http://mickeyhouse4649.blog106.fc2.com
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2010-05-13 23:34

もう2週間以上前のことになりますが、4月25日に女の子が生まれました。
おかげさまで母子ともに健康。今も元気に育っています。

とはいえ、つれあいは里帰り出産で新潟に帰っており、千葉に戻るのはもう少し先の話。
これから待つ心配や苦労については、まだあまり実感がわきません。
ちょうどいいときに生まれてきてくれたので、5月はじめの連休はたっぷり新潟で過ごしました。
添い寝したり、オムツを替えたりして、期待や喜びの方は膨らむばかりです。

これから先、どんな事が起こるんだろう?
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2010-05-13 21:30

うたう会

実は、わが家には4月に子どもが生まれる予定です。
いろいろと不安もありますが、楽しみです。

先日、8ヶ月になると聴覚が完成してくるということを知り、何か歌って聴かせてみようと思いたちました。
ひさびさにギターを引っ張り出してきてフォークソングなどを歌ってみると、どうやら激しく動くらしい。
しかもどうやらチューリップの「心の旅」がお気に入りの様子。
以来、就寝前に少し歌を歌うことが日課になっています。

一説には子どもは親を選んで産まれてきてくれるとか。
食いしん坊のわたしたちのもとに来てくれる君も食いしん坊なのだろうか。
先日おなかに顔を近づけて話しかけていたら頬の辺りを蹴られたし、どうやら元気に育ってくれているみたい。

あとは何事もなく無事に産まれてきてくれることを祈るばかりです。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2010-02-20 00:02

mitaka

国立天文台による、4次元デジタル宇宙ビューワー "Mitaka"。

http://4d2u.nao.ac.jp/t/index.php

宇宙の果てまで飛んでいくことの出来るフリーソフト。すごい。

世界天文年ということで、近頃、宇宙に興味が向いています。
昨日は野辺山宇宙電波観測所に行ってきました。

地球から遠ざかっている天体の光は遠い過去の光。
遠くの天体を観測することは、宇宙誕生から間もない星の様子を観測することなのだということに気付きました。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2009-07-28 05:35 | 夢みる科学

ひたすら歩いていく

大学時代、色々と僕を支えてくれた二人の結婚式がありました。

披露宴の受付を手伝わせてもらったのですが、式の準備の段階でもやたら楽しい打ち合わせの電話がかかってきていたこともあり、大変楽しみにしていました。
自分ではあまり気づかなかったのですが、妻に言わせると、一週間前ごろから毎日秒読みをして騒いたので、うるさかったそうです。

いやしかし、本当に素敵な一日でした。

二人に共通して、僕が「すごいなぁ」と思っているのは、一度決めたことは時間をかけてとことんやり抜いていくというところです。
「憧れを持ってひたすらに歩く」というやり方で限りある人生を大切に使うという姿勢。これはぜひ見習いたいなぁと思いました。

ただ、ここで自戒のために確認しておきたいのは「星ばかり見ていると井戸に落ちる」という言葉です。
現実をしっかり見ながら遠くの憧れも見失わない。
あの絶妙なバランス感覚。
そういうのを目指したいなぁ。

本当におめでとうございます。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2008-10-27 10:23

amazon

amazonで古本を買いました。
表紙をめくるとポストイットが張ってあり、こんなメッセージが。

『お元気ですか 是非読んで 楽しい人生に してください。 母』

書名は『笑いがニッポンを救う』。
c0073413_641125.jpg

[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2008-08-10 06:43

チューニング

午前四時二十分、日の出を見ようとジョギングに出る。

生垣の向こうの庭を埋める白い花びら、堆肥のにおい、藤棚、車庫の石畳、ものすごい速さで追いかけっこをする猫、夜明け前の薄明かりに淡く浮かび上がるようなポピーの花、一列になって飛ぶ鳥。

空は曇っていて日の出は見れなかったし、すぐに疲れて走るのもやめてしまったけれど、素敵な時間をすごしました。

新しい仕事でなかなか思い通りに行かず、いらだってしまうことがありましたが、少しずつでも、いい内容の仕事ができるようにがんばっていこうと思います。

『世界はときどき美しい』

次は日の出が見たいなぁ。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2008-05-04 06:13

習志野のみどりをくみて

先週末、高校時代の友人、ニャン太郎と習志野で遊びました。

侮り難し習志野。高校時代は何もないところだと思っていましたが、せんべい屋、和菓子屋などいろいろな商店が軒を連ね、それぞれ味もなかなかのものでした。(うちに遊びに来るからということで、いろいろ買ってもらってしまった。ありがとう。)

高校の音楽室から見えた、「小川食堂」という錆びた看板のかかった定食屋さん。営業しているのかしていないのかわからないような佇まいで、いままで入ってみる勇気がありませんでしたが、今回はそこでお昼を食べました。
現在は外見も以前と比べてきれいになって、名前も「小川屋」に改められていましたが、これまた予想以上においしかったのでびっくりしました。

その後、鎌ヶ谷の自宅、翌日は文京区といろいろ付き合わせてしまった。
おかげで大変楽しい週末を過ごすことができました。ありがとう、ニャン太郎。

あと、偶然二人とも『レキシントンの幽霊』を持って歩いていたのには本当に驚いた。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2008-04-29 11:20

しもちゃんに

会った!

錦糸町から新小岩まで、電車で一緒に帰りました。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2008-02-18 23:46

餃子が食べたくなる人が増えているらしい

c0073413_2095791.jpg
今日は昼にピザ、夜に餃子を食べました。
生地や皮を粉から手作り。
どちらも大変おいしゅうございました。

c0073413_2092136.jpg
餃子は半年くらい前からの念願かなって、皮が手作りのものを食べることができたので、うれしかったです。
ついついご飯も普通に食べてしまい、お腹が一杯。
よく考えてみれば、市販の餃子の皮は25枚入りなのに、厚さはほんの2cm程度。今日作った餃子の皮の、ずっしりくる重みとは比べ物になりません。
云わばラーメン+ライスのボリュームでした。

だれか人を呼んで餃子パーティーなどやりたいなぁ。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2008-02-17 20:25

つらつら

岡潔の本がきっかけで夏目漱石の『明暗』を読みました。
登場人物の心の動きが面白く、思わず電車の中で笑ってしまうほどでした。
未完となってしまったこの本は、最後の話の途切れた部分などから漱石の一流の仕事ぶりが見えたような気がします。
現代にはほとんどなくなってしまった静寂の中で、物語と実世界の間に住む文豪の姿を想像しました。

おとといの夜になんだか急にのどが渇いたので、帰りがけに町のほうをふらふら歩いていました。結局コンビニで缶ビールと焼き鳥を買って、満足して帰った私。たまにはこんなのもいいなぁと思いました。
でも、素直にそのへんの立ち飲みで一杯ってのもよかったなぁと思います。

岡潔先生の言う「自明のことを自明と見る智力」というのを最近よく考えます。

たとえるなら、ボーっと音楽を聴いているときに、ふとあるフレーズがきれいだなと気づく。こういったことが「自明の事を自明と見る智力」というのにも関係しているのではないかなと思います。

そしてそういった智力を育てていくためには好奇心が解きたいと感じる問題を持ち続けることが必要だと、今日銭湯でお湯につかりながら考えました。

風呂から上がると、パンツと間違えて妹のキャミソールを持ってきてしまったことに気づき、履いてきたパンツをまた履いて帰ってきました。

日々いろいろなことがあって、いろいろなことを考え、手一杯になってしまうことがありますが、ちょっとした何かに気づいて、いいなぁとおもう心の余裕はなくしたくないなと思います。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-09-01 19:37

友達

大学時代の友達と会いました。

学部でいつも一緒にいた友達と、今日は会えなかった友達の話をしました。

一つひとつをどこまでも突き詰める学びの達人、しっかり自分とも向き合うことのできるA君。
とめどない想像力の泉、人に共感することのできるG君
寂しがり屋でその分やさしいS君
自由人のM君

みんな人の気持ちのわかる素敵な仲間だったなぁと改めて思います。

朝から出かけていたけれど、久々にのんびりした、いい日曜日でした。

夢みたものは ひとつの幸福
願ったものは ひとつの愛
山なみのあちらにも しづかな村がある
明るい日曜日の青い空がある
(立原道造『夢みたものは・・・』より)


単純に、簡単に、みんなで幸せになれればいいのにな、と願います。
お互いが人のいいところをどんどん認め合えたら争いや悲しみも減っていくんじゃないかなぁ、というのは理想論でしょうか?
ヨッパライのたわごとでしょうか?
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-06-04 00:35

『世界はときどき美しい』

センスの塊のような映画だと感じました。
映像がきれい、音楽がきれい、キャストの女の人もきれい。

やさしさにあふれたステキな映画です。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-05-13 09:06 | 映画

ブルースの王様

ブルースの王様、高田渡。
すごいぜ!

※ブルースの王様というのは私が勝手にそう思っているだけです。ブルースの王様ってなんだか悲しい響きですね。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-04-27 23:39 | 音楽・うた

なるほどなと思った言葉

「学問と勉強は違う」

勉強なんて"その程度"の簡単なものだという意味です。
なるほど~。
でも、勉強と学問ってやっぱり相互に関わってますよね。

よし、勉強からはじめよう。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-04-26 21:07

Sketch Swap

c0073413_1574013.jpg
大変面白いサービスだなと思いました。感心してしまった。

http://www.sketchswap.com/

ところで、最近もう一つすごいなぁと思ったのがこの記事

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=000692&rfr_id=kanren

ものを伝える手段っていろいろあるのだなぁと感じました。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-04-18 01:55

レキシントンの幽霊、再読

前にも書きましたが、やっぱり面白い。

今回は、収録作品のある共通点に気づきました。
7つある短編の全てが、ある人にとって大切なものがモチーフになっていることです。
一日で読めてしまう短編集ですが、読むたびに気づくことがあるように思います。

「めくらやなぎ」を見つけることのできる人間になりたいです。

トラックバックなるものを使ってみる
レキシントンの幽霊/村上春樹
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-03-10 18:41 |

京成カード

c0073413_22592184.jpgPasmoの発売を控えて、カード会社各社は大忙しですね!
これををきっかけに淘汰が始まったりするのでしょうか?ところで、最近電車に乗ると妙に気になる広告があります。京成線沿線の人向けのクレジットカード「京成カード」の広告です。
京成パンダというマスコットが絶望的にかわいくない。
不思議だなぁ。

http://www.keisei.co.jp/keisei/keiseicard/
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-02-20 23:04

東京ドイツ村

三連休の最終日、千葉の東京ドイツ村(袖ヶ浦市)に行ってきました。c0073413_1183970.jpg

東京とは名ばかり、バリバリ千葉の山中にあるのですが、久々にのんびりと過ごすことができて大満足です。
早咲きの菜の花は満開で、水仙は早くも散り始めようというところに間に合いました。
比較的風も穏やかで、よく晴れていたので気持ちよく一日を過ごすことができました。

パターゴルフをやろうと思ったら、受け付けの時刻を過ぎてしまったのが残念でしたが、代わりにシャボン玉で遊びました。

僕は今回はじめて知ったのですが、シャボン玉はだんだんと色が変わっていくそうです。
虹色から、だんだんと橙色に変わってゆき、最後には透明になって消えるということ。
夕方日没のころにシャボン玉を吹くとよくわかります。
そういう細かいことに気づくことができるよう、心には余裕を持っていたいものですなぁ。

ドイツ村には小さい子供がたくさん来ています。ロバがいるところで、ある母子の会話が聞こえてきました。
「パパ、パパ。」「パパじゃないよ、ロバだよ。」
夜はイルミネーションをやっているし、ドイツ村、なかなか素敵な場所ですよ。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2007-02-14 01:15 | レジャー・旅行

イチョウ

そうそう。

先週、外苑前のイチョウ並木を見に行ってまいりました。
きれいでしたよ。
ケヤキの緑色から赤色の思い切った色の変化もきれいですが、イチョウの黄色と黄緑の淡いグラデーションも素敵です。
イチョウは生きた化石らしいですね。太古の昔からあんな形の葉っぱだったそうです。
永久なるものだとか、真理だとか、何かおおきなものに包まれるようです。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-12-08 23:41

美しい国

満員電車の中、乗客はみな殺気だって、しかしお互いに目をあわせないようにしている。
どこをどう見たら美しいのだろう、と思います。

或るひとには一般教養の話となりましょうが、森鴎外がドイツでくらしていたときの逸話に付いて聞き、驚きました。
鴎外はあるときドイツの新聞で日本人を批判した記事に対して新聞社に対して抗議文を投書したそうです。その後その抗議文は新聞に掲載され、それに対してさらに新聞記者の反論が付いて、さらに鴎外は重ねて抗議文を送ったとか。
(そのころ鴎外はドイツにいました)

世界で日本が尊敬されたのはそのように勤勉で、本当に能力のある人がいたからでしょう。
国の美しさは景観の美しさであると同時に人の美しさでもあるように思います。

戸を開くわずかに花のありかまで(中谷治宇二郎)

これも美しいですね。ここには詠み人の学問への理想が表れているらしいです。
さー、勉強しなきゃな。
はるか高みをここから見上げてばかりじゃ、らちがあかん。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-12-06 00:27

The Singers Unlimited

やっぱりThe Singers Unlimitedはすごい。
"Christmas"っていうアルバムがお気に入りで、ここ数年冬になるたび聞いています。
今週に入って久々に聞きました。

うーん、幸せ。
心静かに耳を傾けたい珠玉の演奏です。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-11-30 23:34 | 音楽・うた

父上どの

子供のころに、素敵なものにたくさん触れること。
そのことが人の一生をどれだけ豊かにしてくれるか、想像もつきません。

家族の中で一人、父は楽器を弾いたり、歌を歌ったりしません。
けれども、家族の中で一番、絵を見たり、音楽を聴くことが好きなのは父です。
美術館や、コンサート、名作映画やプラネタリウムなんかに連れて行ってくれたのは父だったように思います。
本も好きなので、読みきれないような量の本も薦めてくれます。

たとえば、木下牧子のElegiaを聴いて、周りの空気ごと違う世界に包み込まれるように感じたとき、その出会いの準備をしてくれたのは父なんじゃないかなと思ったりもします。

親父どの、お誕生日おめでとうございます。
これからも、残りの人生を楽しんでくださいネ☆
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-10-18 00:56

夜のピクニック

しました。

夜出歩くのは、やっぱりちょっとうきうきしますよね♪
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-10-17 07:33

次の日

二日酔いなんて今までほとんどなかったのになぁ。
芝居を見に行ったのですが、劇場の暗転したちょっとの間にフラっとしてしまったり。
…でも、ちょっと面白かったかもしれません。暗転する一瞬前の役者さんの表情が残像として残ったり、普段とは違う見え方だったような。(笑)

飲み明けに同期と、
「昔のOB・OGさん方には、『次の日』という言葉がなかったよね~」
という話をしました。
確かに。うーん、偉大だなぁ。
おれも体力つけて何事も思いっきりやらなきゃ。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-10-02 23:03

知らずに悪いことをする

高校のとき、倫理の先生からこういう話を聞いた。

『悪いと知って悪いことをするよりも、悪いと知らずに悪いことをするほうがよくない。』

ブッダの言葉だったと思う。
違うかもしれない。
悪いと知っていれば直すことができるけど、知らなければ直すことができないからだということだ。

わき見運転で幼稚園児をはねるという事故が起こったが、そのニュースの短さにびっくりした。
新しい総裁が決まったり、官製談合が見つかったり、ドラフト会議があったり、丹波哲郎が亡くなったり、今日もいろいろなことが起こっている。
けれども、ああいう悲惨な事故に関しては、不注意でそういうことも起こりうるのだということをできるだけ多くの人が知っていてほしいと思う。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-09-26 08:35

秋ですなぁ。

c0073413_22431936.jpg今日はなんとなく寂しい気持ちになってしまうような陽気でした。

最近考えるのが楽しい時期に入って、いろいろ変なことを考えています。
本を読んだり、メモをとったりするのが楽しくて仕方がないのですが、絶好調なときって、ふとした拍子に寂しくなったりします。
「何が楽しいんだろう。」
と、急に思ってしまったりするんですね。
『2017年日本システムの終焉』なんて本を読んだ後なんかなおさらです。(良書、オススメ)

最近は、そういった寂しさの原因って、自分のまわりにある幸せを大切にできないことなんじゃないかなと感じています。
何かの言葉とか、思想だとかにとらわれて、自分が見えなくなってしまうことってあります。そういうときも、自分が心の底から感じることのできる幸せを、ひょいとその辺から拾えるようにあろうと思う今日この頃です。

と、今日はちょっぴり寂しい気分。そんな寂しげな陽気に心誘われ、夕方ごろふと思い立って、うちの近くを自転車でまわりました。初秋の一枚、添付します。
秋の夜長に、晩酌でもしたいなぁ。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-09-18 22:48

朝の満員電車(半蔵門線)の中で

女子高生らしき二人組が勉強をしているようでした。
一人が問題を読んで、もう一人がそれを解こうとしていました。さー、彼女らが車輌全体に響き渡る大声で取り掛かっていた問題は次の二題。

Q1
「自力での歩行が困難なお年寄りのことを何というか。」
えー、わかんない。普通に言う言葉?
うん、言うよ。
うーん。
歩けないお年寄りはずっと何してる?
何してる?わかんないなぁ~。ジジイ?
わはははは、かわいそー!歩けないだけでジジイにされちゃうの?
---A.寝たきり老人(この答えもどうかと思いますが・・・)

Q2
「家庭内でお年寄りが暴力を振るわれることを何というか。」
えー、何だろう?DV?
わははは、それ違うよ~。答えは老人虐待だよ。
わははは、虐待だって。かわいそー。
---A.老人虐待

おもしろかった。
女子高生のリアルを見た気がした。
笑って話す話題じゃないだろ~、と思いつつも、「かわいそう」って思っているならいいのかな、という気になりました。
変なことばっかり起きる世の中、笑ってないとやってらんないですよねぇ~。
痛快でした。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-06-08 07:03

Harold and Kumar Go To White Castle

アメリカで暮らす韓国人とインド人が主人公のコメディー。
品もないし、ぶっ飛んでますが面白いです!

日本で暮らしていると、アメリカをはじめとする諸外国に多少なりとも憧れを持つように思います。
それは、西洋の人たちが「楽なこと・楽しいこと」を追求しているからじゃないかなと思います。自分が楽しいと思うことを大切にしながら生きるということは(程度によるけど)たぶんいいことなんでしょう。実際には、アメリカでは社会的地位を守るために、楽しくなくても楽しく行きてるように見せなければいけない面もあるようで、なかなか本音が言えず、苦しい思いをしている人も多いらしいですが。

ともあれ、この映画は面白いです。
登場人物は全員ちょっとずつヘンで、自分のやりたい放題やって、大変迷惑な輩も出てきます。
でも、日々「こうしなければいけない。」の呪縛にとらわれてしまうことが多い日本人としてか、「もっと楽に構えて、自分がやりたいようにやってもいいのかな。」と思える良さがあります。
主人公はアジア人だしね。

ただ、あの変な人たちを見て、決してあんな風になりたいとは思いませんが・・・・・・。
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-05-27 13:30 | 映画

謎のホームページ サラリーマンneo

今夜11時からNHK総合!!

『どう?踊ってみない?』
[PR]
# by mickeyhouse4649 | 2006-05-23 07:28