カテゴリ:未分類( 45 )

ひそやかに

ブログ引っ越そうかと思います。

新住所
http://mickeyhouse4649.blog106.fc2.com
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2010-05-13 23:34

もう2週間以上前のことになりますが、4月25日に女の子が生まれました。
おかげさまで母子ともに健康。今も元気に育っています。

とはいえ、つれあいは里帰り出産で新潟に帰っており、千葉に戻るのはもう少し先の話。
これから待つ心配や苦労については、まだあまり実感がわきません。
ちょうどいいときに生まれてきてくれたので、5月はじめの連休はたっぷり新潟で過ごしました。
添い寝したり、オムツを替えたりして、期待や喜びの方は膨らむばかりです。

これから先、どんな事が起こるんだろう?
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2010-05-13 21:30

うたう会

実は、わが家には4月に子どもが生まれる予定です。
いろいろと不安もありますが、楽しみです。

先日、8ヶ月になると聴覚が完成してくるということを知り、何か歌って聴かせてみようと思いたちました。
ひさびさにギターを引っ張り出してきてフォークソングなどを歌ってみると、どうやら激しく動くらしい。
しかもどうやらチューリップの「心の旅」がお気に入りの様子。
以来、就寝前に少し歌を歌うことが日課になっています。

一説には子どもは親を選んで産まれてきてくれるとか。
食いしん坊のわたしたちのもとに来てくれる君も食いしん坊なのだろうか。
先日おなかに顔を近づけて話しかけていたら頬の辺りを蹴られたし、どうやら元気に育ってくれているみたい。

あとは何事もなく無事に産まれてきてくれることを祈るばかりです。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2010-02-20 00:02

ひたすら歩いていく

大学時代、色々と僕を支えてくれた二人の結婚式がありました。

披露宴の受付を手伝わせてもらったのですが、式の準備の段階でもやたら楽しい打ち合わせの電話がかかってきていたこともあり、大変楽しみにしていました。
自分ではあまり気づかなかったのですが、妻に言わせると、一週間前ごろから毎日秒読みをして騒いたので、うるさかったそうです。

いやしかし、本当に素敵な一日でした。

二人に共通して、僕が「すごいなぁ」と思っているのは、一度決めたことは時間をかけてとことんやり抜いていくというところです。
「憧れを持ってひたすらに歩く」というやり方で限りある人生を大切に使うという姿勢。これはぜひ見習いたいなぁと思いました。

ただ、ここで自戒のために確認しておきたいのは「星ばかり見ていると井戸に落ちる」という言葉です。
現実をしっかり見ながら遠くの憧れも見失わない。
あの絶妙なバランス感覚。
そういうのを目指したいなぁ。

本当におめでとうございます。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2008-10-27 10:23

amazon

amazonで古本を買いました。
表紙をめくるとポストイットが張ってあり、こんなメッセージが。

『お元気ですか 是非読んで 楽しい人生に してください。 母』

書名は『笑いがニッポンを救う』。
c0073413_641125.jpg

[PR]
by mickeyhouse4649 | 2008-08-10 06:43

チューニング

午前四時二十分、日の出を見ようとジョギングに出る。

生垣の向こうの庭を埋める白い花びら、堆肥のにおい、藤棚、車庫の石畳、ものすごい速さで追いかけっこをする猫、夜明け前の薄明かりに淡く浮かび上がるようなポピーの花、一列になって飛ぶ鳥。

空は曇っていて日の出は見れなかったし、すぐに疲れて走るのもやめてしまったけれど、素敵な時間をすごしました。

新しい仕事でなかなか思い通りに行かず、いらだってしまうことがありましたが、少しずつでも、いい内容の仕事ができるようにがんばっていこうと思います。

『世界はときどき美しい』

次は日の出が見たいなぁ。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2008-05-04 06:13

習志野のみどりをくみて

先週末、高校時代の友人、ニャン太郎と習志野で遊びました。

侮り難し習志野。高校時代は何もないところだと思っていましたが、せんべい屋、和菓子屋などいろいろな商店が軒を連ね、それぞれ味もなかなかのものでした。(うちに遊びに来るからということで、いろいろ買ってもらってしまった。ありがとう。)

高校の音楽室から見えた、「小川食堂」という錆びた看板のかかった定食屋さん。営業しているのかしていないのかわからないような佇まいで、いままで入ってみる勇気がありませんでしたが、今回はそこでお昼を食べました。
現在は外見も以前と比べてきれいになって、名前も「小川屋」に改められていましたが、これまた予想以上においしかったのでびっくりしました。

その後、鎌ヶ谷の自宅、翌日は文京区といろいろ付き合わせてしまった。
おかげで大変楽しい週末を過ごすことができました。ありがとう、ニャン太郎。

あと、偶然二人とも『レキシントンの幽霊』を持って歩いていたのには本当に驚いた。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2008-04-29 11:20

しもちゃんに

会った!

錦糸町から新小岩まで、電車で一緒に帰りました。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2008-02-18 23:46

餃子が食べたくなる人が増えているらしい

c0073413_2095791.jpg
今日は昼にピザ、夜に餃子を食べました。
生地や皮を粉から手作り。
どちらも大変おいしゅうございました。

c0073413_2092136.jpg
餃子は半年くらい前からの念願かなって、皮が手作りのものを食べることができたので、うれしかったです。
ついついご飯も普通に食べてしまい、お腹が一杯。
よく考えてみれば、市販の餃子の皮は25枚入りなのに、厚さはほんの2cm程度。今日作った餃子の皮の、ずっしりくる重みとは比べ物になりません。
云わばラーメン+ライスのボリュームでした。

だれか人を呼んで餃子パーティーなどやりたいなぁ。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2008-02-17 20:25

つらつら

岡潔の本がきっかけで夏目漱石の『明暗』を読みました。
登場人物の心の動きが面白く、思わず電車の中で笑ってしまうほどでした。
未完となってしまったこの本は、最後の話の途切れた部分などから漱石の一流の仕事ぶりが見えたような気がします。
現代にはほとんどなくなってしまった静寂の中で、物語と実世界の間に住む文豪の姿を想像しました。

おとといの夜になんだか急にのどが渇いたので、帰りがけに町のほうをふらふら歩いていました。結局コンビニで缶ビールと焼き鳥を買って、満足して帰った私。たまにはこんなのもいいなぁと思いました。
でも、素直にそのへんの立ち飲みで一杯ってのもよかったなぁと思います。

岡潔先生の言う「自明のことを自明と見る智力」というのを最近よく考えます。

たとえるなら、ボーっと音楽を聴いているときに、ふとあるフレーズがきれいだなと気づく。こういったことが「自明の事を自明と見る智力」というのにも関係しているのではないかなと思います。

そしてそういった智力を育てていくためには好奇心が解きたいと感じる問題を持ち続けることが必要だと、今日銭湯でお湯につかりながら考えました。

風呂から上がると、パンツと間違えて妹のキャミソールを持ってきてしまったことに気づき、履いてきたパンツをまた履いて帰ってきました。

日々いろいろなことがあって、いろいろなことを考え、手一杯になってしまうことがありますが、ちょっとした何かに気づいて、いいなぁとおもう心の余裕はなくしたくないなと思います。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2007-09-01 19:37