カテゴリ:映画( 5 )

『世界はときどき美しい』

センスの塊のような映画だと感じました。
映像がきれい、音楽がきれい、キャストの女の人もきれい。

やさしさにあふれたステキな映画です。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2007-05-13 09:06 | 映画

Harold and Kumar Go To White Castle

アメリカで暮らす韓国人とインド人が主人公のコメディー。
品もないし、ぶっ飛んでますが面白いです!

日本で暮らしていると、アメリカをはじめとする諸外国に多少なりとも憧れを持つように思います。
それは、西洋の人たちが「楽なこと・楽しいこと」を追求しているからじゃないかなと思います。自分が楽しいと思うことを大切にしながら生きるということは(程度によるけど)たぶんいいことなんでしょう。実際には、アメリカでは社会的地位を守るために、楽しくなくても楽しく行きてるように見せなければいけない面もあるようで、なかなか本音が言えず、苦しい思いをしている人も多いらしいですが。

ともあれ、この映画は面白いです。
登場人物は全員ちょっとずつヘンで、自分のやりたい放題やって、大変迷惑な輩も出てきます。
でも、日々「こうしなければいけない。」の呪縛にとらわれてしまうことが多い日本人としてか、「もっと楽に構えて、自分がやりたいようにやってもいいのかな。」と思える良さがあります。
主人公はアジア人だしね。

ただ、あの変な人たちを見て、決してあんな風になりたいとは思いませんが・・・・・・。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2006-05-27 13:30 | 映画

名探偵コナン(劇場版、京都のやつ)

三本目。
まさかこんな映画をここで見ることになろうとは。
一緒に暮らしている韓国人の人が持っていました。

名探偵コナンは別にファンだったりするわけじゃありませんが、これは意外とよかった。
探偵してるっていうより戦ってました。
京都の名所めぐりや、日本史にもちょこっと触れたり、構図とかも良かったです。
ノスタルジーの一種なのかもしれませんがね。

今日観た三本はいずれも佳作でした。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2005-11-13 14:44 | 映画

Crash

二本目。
オムニバスというか、アンサンブルというか、いくつかの話が同時間軸で展開されます。
人種間の緊張や、対立意識などが日常や事件から描かれています。
計算された話の運びや、台詞はお洒落で、必要以上に暗くなく、それでいて示唆に富んだ良い映画だと思います。
人種のるつぼ、北アメリカの社会が良く描かれており、興味があればなお楽しめると思います。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2005-11-13 14:36 | 映画

Straight Story

今日は映画を三本見ました。
一本目、一人で見ました。
途中までしか見てません。

大変、よい映画だと思います。
子供ができたら見せたいです。
吹き替え版かな。
画面もきれいだし、童話的で、クラシックになりうるものだと感じました。

新聞に載った実話が元になっていて、おじいちゃんがトラクターで何週間もかけて親戚か誰かに会いに行くという話です。
村上龍が小説として書いている(もしくは翻訳?)のを読んだことがありましたが、そちらも良い。

映画もとてもよかったです。
[PR]
by mickeyhouse4649 | 2005-11-13 12:24 | 映画